第17話【脱毛】

投薬後1週間もすると多少のダルさや
「ゆらゆら」めまいがあるものの
日常生活や仕事に影響が出るほどの症状はなく、
うっかりすると抗がん剤を投薬したことを
忘れてしまうくらい割と元気に過ごしていた。

脱毛に関しては投薬して10日~14日目で始まる、
と事前に説明を受けていた。
今日は14日目。
投薬した翌日には毛量が多くて悩んでいた髪が
萎んでしまった気がしたが脱毛の気配はまだなかった。
本当に髪は抜けるんだろうか、などど
呑気に考えながら洗髪した水分を払うため、髪を軽く手で絞った時、
手のひらに10本ほどの髪がくっついていた。

(始まった)

よくみると浴室の床にも髪が抜け落ちていた。

濡れた手についた髪をゴミ箱に捨てるのはなかなか難しい。
ちょっと手を振ったくらいじゃ離れてくれない。
かき集めた髪をイライラしながら手からはがす。

排水溝が詰まらないよう、投薬前の準備で購入しておいた
100円ショップで売っている使い捨てのヘアーキャッチャー。
プラスティックのもあるようだが、掃除の負担をできるだけ
減らしたかったので、これは粘着シールのような
使い捨てタイプにしておいた。

最初の脱毛が始まってからは、一気に抜け始めた。
次の日には、ちょっとした動作でも自分の毛があちこちに
散らばってしまうので、物事に集中できない。
髪が抜けることもつらいが私は掃除のほうが苦痛だった。
いつもの入浴や身支度に【掃除】が加わるので時間がかかる。
自宅や職場で自分が歩いたところを振り返っては
抜け毛を確認して拾い集める。

いっそ、頭を刈ってしまいたい、という衝動に駆られるのだが、
髪が短すぎるとかえって抜けた毛を集めるのが大変、という
先輩方の話を聞いていたので、そこはグッと我慢する。

「あ、そうだ。
こんな時のためにカツラ屋さんで頂いたものがあったっけ。」

医療用ウィッグの資料請求をした時に、
不織布の使い捨てキャップ2枚組がおまけとして一緒に送られてきた。

「はて、この抜け毛ってどれくらい続くんだろう?」

使い捨てのキャップは2枚しかない。
おまけなので追加で購入しようと思ったのだが、
脱毛が始まる時期については説明を受けていたが、
それがどれくらい続くのか聞いたことがなかったことに気が付いた。

個人差はあるだろうがとりあえず購入枚数の目安が知りたいので
ネットで検索する。

1週間という人もあれば、2週間という人もいる。

「じゃ、まぁとりあえず10枚1セットのでいいか」

注文したあとで気が付いたのだが、
これから外出の際には綿や毛糸のケアキャップを被る。
(写真は母手作り毛糸のキャップ。同じ形は頼んでも再現できない)

頭に直接毛糸のキャップを被ると抜けた髪が絡まってしまうので
脱毛が落ち着くまで不織布のキャップを被って
毛糸のキャップを被ったほうが良いだろう。
その時に、毛糸のキャップの下から見えても
黒か茶色なら目立たないが、
おまけでもらったキャップより安い値段につられて
思い切り白を頼んでしまった。

しまったなぁ、と思った時に、何をしているのかPCを覗き込んだ
パートナーがボソっと言った。

「おまけと一緒の使い捨てキャップ、
かつら屋さんで事前に用意しておいたほうが良いですよ、って言われて
かつらと一緒に10枚組買ったでしょうよ」

そうだった。ダブルでやってしまった。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA