第36話【脂肪沈着】

不安で不安でたまらない「ドセタキセル」と
「ハーセプチン」の副作用。
投薬中にアナフィラキシーショックを起こしてしまう人もいる、
とのことで初回は3時間かけて、ゆっくり、ゆっくり
身体の調子をみながら投薬する。

「お薬の説明は薬剤師から受けていますか?」
化学療法室の看護師さんが私の不安そうな顔を見て声を掛けてくれた。

(そいういえば、FECの時のような説明は受けてないかも)

ドセタキセルとハーセプチンについては、
先輩サバイバーのHさんの体験談とC先生からはザっと聞いただけだ。

(だから不安なのかも)

FECではほとんど副作用がなかったので高をくくっていたのだが、
Hさんの話を聞いてから不安で不安で仕方がない。
その気持ちを看護師さんに素直に話した。

それならば、ということで投薬中に
薬剤師さんの話を聞きましょう、と手配をしてくれた。

私は根が単純なのだろうか。
あれだけ不安だったのに、薬剤師さんからの説明を聞き終えた瞬間、
安心してしまった。

当日、私は朝から(恐らく不安で)あまり体調が優れず、
ひたすら寒く、爪の変色を防ぐフローズングローブも見送ったが
説明を聞いたあとはうつら、うつらしてしまうほど
リラックスしていた。
3時間もかけて投薬するのは初回だけ。
次回からはもっと早く終わる、とのことで一安心。

C先生の言ったとおり、帰宅後も
私はアレルギーも悪心も何も出なかった。
FECの時はさすがに投薬直後は寝込んでしまったのだが、
今回はあまりに元気で
食事の支度やら掃除やら家事まで出来てしまった。
心配して早めに帰宅したパートナーも驚いていた。

さすが、C先生。
決して言葉数の多い先生ではないけれども、
しっかり私の体質を見極めてくれているのか、
今のところ先生の言ったとおりだ。

そう、先生の言ったとおり。
C先生の言ったとおりのことがあと2つある。

投薬してから1週間。
たった1週間でまた2kg近く太ってしまった。
なにせ食欲がとまらない。
頑張って食べている、と思っていたのに
このところ食べたくて、食べたくて、食べている。
あっと言う間に顔と肩とお腹周りがパンパンになってしまった。

これはかなりやばい。
すでに手持ちの服が合わなくなってきている。
新しい薬の投薬は始まったばかり。
食事についてはしっかり管理しないと
このまま太り続けたら・・・

というか、すでに人に会うのがちょっと恥ずかしい。

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA