第37話【激痛】

ドセタキセル及びハーセプチンの投薬からそろそろ1週目が終わる頃、
とまらない食欲に、身体がだんだんと大きくなり、
着られなくなる服が増える、
という
極めて深刻かつ重大な副作用の他は、特になかった。
が、「楽勝!」と思った週末、突然、発熱と全身の痛みがやってきた。
夕刻から感じる痛みとだるさ。

(これがC先生と薬剤師さんが話していた痛みか)

夕暮れが進むにつれパソコンに向かって座っているのが
だんだんとキツくなってきたが、
それでも前もって聞いていたおかげで
まずは冷静に状況を受け止めることができた。
事前に渡されていた抗生剤と痛み止めを
うっかり自宅に置き忘れていたので
これは帰宅するまで我慢しなければならない。
明日の土曜日は予定があったが、この調子ではおそらく
帰宅してベッドに入ったら起き上がれないだろう。


帰宅前にキャンセルの電話を入れた。
電話の向こうで心配そうな声を出しているのは
後輩のIくん。
彼は役者をしながら、芸能プロダクションのデスク業務を手伝っていた。
彼とわたしは同業だ。
傍から見ると、不器用なほど
何事も真面目に取り組むIくんの仕事ぶりが目に浮かんだ。

今日の仕事の片はついていた。
その安心感もあってか時間を追うごとにひどくなる痛みに
うめき声がたまらず漏れて机に突っ伏す。
(こういう時、一人スタッフの職場は
周囲に気兼ねがなくて気楽で良いな、と心から思った)

案の定、帰宅してから日曜まで、痛みで呻きながら
ひたすらのた打ち回っていた。
ちなみに全身が痛いので、さすがに前向きな私も
「ひでぶ!」で笑いという余裕は今回は全くない。

一人で痛がっているには耐えられそうになく、
つい甘えてベッドから状況をFecebookに投稿。
すると、心配する友人や親族からすぐさまメッセージが来た。

とても有難かった。
と、同時に自己嫌悪も感じた。

束の間の痛みをが和らげるため、
親族や友人からの優しい言葉を期待した自分。
こんないやらしい投稿はやめよう。

しかしそんなことを考えるまでもなく、
その後はあまりの痛みが続き、SNSに投稿する余裕はなくなった。
このブログも8ケ月止まってしまい、以降は回想録になる。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA