第7話【治療計画】

【浸潤性乳管癌】

乳房には「乳管」と呼ばれる管(母乳を運ぶ管)と
その先に母乳を作る「小葉」がある。
これが乳頭を中心に放射線状に
15~20個ほど集まっている組織が
「乳腺」と呼ばれるもので、乳ガンの多くは
この「乳管」に発生するという。

「浸潤性」とは、癌細胞がこの乳管の壁を破って
外へ出てしまっている状態で、リンパ管や血管の中に入って
全身に転移する可能性があるということだ。

私の場合、小さいが3つほど脇の下に転移しているという。

「K子さんの癌のタイプはね、増殖力が強くて早いの」

先生は進行の具合を示す【ステージ(病期)】のあとで
癌細胞の性質や増殖力を示す【サブタイプ】について説明を始めた。

癌の性質を確認するには病理検査で次の項目をチェックする。

1.ホルモン受容体の有無
→女性ホルモンの影響を受けて増殖するタイプか否か

2.HER2(ハーツー)過剰発現の有無
→HER2タンパクが過剰であるか否か。

3.Ki67の値
→癌細胞の増殖の早さ

素人の私にも分かるように
かなり噛み砕いた先生の説明によると、私の癌は

「女性ホルモンを食べるだけでなく、
他のエサも食べるタイプですごい勢いで大きくなる」

【ルミナルB型 HER2陽性】

なのだそうだ。

転移している、と言われても割と落ち着いていたが、
進行が早い、と言われて私は笑ってしまった。
身体の中の癌細胞が、
<雑食で、早食いで、すぐ太る>自分に似ているな、
と一瞬、思ってしまったのだ。

「淡々と説明を聞いているけど、大丈夫?ここまで分かる?」

精神的ショックのほうは大丈夫だった。
ここで泣いても結果は変わらない。
ならば先生の説明をしっかり聞かなければ、という気持ちがあった。
事前に勉強していたが、全くの素人が一から勉強しているのだ。
【サブタイプ】についてまでは勉強が追い付いていなかったので
予定している治療法について集中して話を聞いた。

エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PR)がある人は、
女性ホルモン(エストロゲン)が結合し癌細胞を増殖させてしまう。
であれば、薬でエストロゲンの働きを鈍くしたり、
産生を抑えてしまえ、というのが<ホルモン療法>
私はPRは少なかったがERが高かった。
どちらか一つでも該当するなら陽性、ということらしい。

HER2というのはちょっと難しかった。
正常であれば「HER2タンパク」とは細胞の増殖調節に関与している
ものなのだが何らかの変異が起こるとがん遺伝子になる。
「HER2タンパク」が異常に多いことを「過剰発現」、
で、その「過剰発現」になると癌細胞に「増えろ!増えろ!」と
命令して癌が大きくなってしまう、ということらしい。
今まではHER2があると転移や再発しやすいので予後が悪い、
とのことだったが、最近では「ハーセプチン」という薬があり
かなり効果があるらしい。
一般的な抗がん剤は、正常な細胞まで攻撃してしまうが、
この「ハーセプチン」は、ターゲットのHER2を狙い撃ちできる。
これが<分子標的薬療法>なのだ。

私のガンの状態は決して楽観視できるものではないが、
だからこそ薬の効果も期待できるように思われた。

C先生は術前に7か月ほど、抗がん剤、分子標的薬療法で癌細胞の制御を行い
その結果で手術の度合いを判定、その後、放射線治療、ホルモン療法を行うことを提案した。

どんなに頑張って勉強しても、
手術そのものに対する心の準備はまだできていなかった。
だから薬が効いて乳房温存手術の可能性があるならありがたい。
私は先生の提案通り治療することに同意した。

診断を聞き治療計画を決めて病院を出る頃には
雨は止み、荒れていた空は穏やかになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

0

第28話【グッド・ニュース】

「抗がん剤治療を始めると白血球が減るでしょ?
O野ちゃんのその痛みは、少なくなった白血球を
骨が作ろうとしている時の痛みなんだよ」

「えええっ!?」

驚いた。いや本当に驚いた。
高校だったか中学だったか、理科の授業で学んだ
「骨髄=血液をつくるトコロ」のお話し!?

痛みをうまく伝えられないので
C先生にはもちろん、ネット検索もできなかった。
それが、IさんがHさんに知らせてくれたおかげで
再会して10分もしないうちに私が最近悩んでいたことが
あっと言う間に解決してしまった。
やっぱり同じ病気をしている人の話って聞くべきだなって思った。
そしてIさんに感謝した。
実はその日、Iさんは音楽劇の公演の初日を迎えていたのだ。
私は今頃、場当たりをしているだろうIさんを思った。
最初は迷ったが、親しい人に近況を話して良かった。
本当に困った時、いつも私は誰かに助けてもらっている。

それにしてもこの痛みは良い痛みなんだ。
身体が病気と闘っている証なんだね。
くだらないけど直感的に「ひでぶ」じゃなくて
「ぐわしっ!」にして良かった。

「それとね・・・」Hさんが続ける。

「私も同じFECをやっているけど、FEC自体では
しこりはそんなに劇的に小さくなったりはしないらしいよ。
むしろこのあとにハーセプチンを予定しているんでしょ?
これは本当によく効くらしいよ!」

Hさんが入院中、隣のベッドにいた患者さんは
薬剤師さんで薬の話をよくしていたらしい。
その薬剤師さんも私の治療計画に入っている
分子標的薬療法の「ハーセプチン」は絶賛していたとか。
ほかにも同病の友人の方がこの薬を投薬したことで
ガン細胞がなくなった事例などもあると話してくれた。
HER2陽性でこの薬の投薬対象になったのは
むしろラッキーだと思っていいんだよ、と言ってくれた。

ここのところ、「元気です!大丈夫!」と言いつつ
少しづつ出てきた副作用と実感できない治療効果に
正直、不安な毎日を送って来ていた。

だから私はその日、久しぶりに安心してたくさん笑っていた。

「そうそう、笑いと言えばさ・・・」

同じ病気をしている女子同士の会話は【脱毛】に及ぶ。
詳細は内緒だけれど、髪の脱毛パターンは人それぞれ。
Hさんのパートナーさんが彼女を見て言った感想。
そのキャラクター名を聞いて思わず笑ってしまった。
でも<笑い飛ばす>くらいの気持ちが大事だよね、との結論になる。

ヒソヒソ話とクスクス笑いは続く。
あのね。
副作用で抜けるのは【髪の毛】ではありません。
厳密に言えば【体の毛】。

0

第30話【ノート】

最後の(はずの)FEC療法を5日後に控え、
4月の終わりにしこりに気が付いた日から
今日までの3か月を振り返ると、本当にあっという間に
いろんなことがあったなぁと改めて思う。

この間、自分なりに勉強して
ブログにまとめていたつもりだったけれども、
まだまだ人に聞かれると頭が混乱してしまうことがある。
私自身の頭の整理も兼ねてノートを整理してみる。

「がん」
人間には60兆個の細胞があるそうだ。
通常、細胞は細胞分裂の時にそれぞれの遺伝子に従って、
周囲の細胞と協調しながら自分の役割を果たしている
ところが突然変異をおこした細胞は、周囲の細胞と協調する遺伝子を
失ってしまうので、自分勝手な分裂をしだす。
これがいわゆるがん細胞。

正常な細胞は、隣近所の細胞と接触して
「定員オーバーかも?」と感じると
それ以上の増殖はしないが、がん細胞は
「平面が一杯なら立体的に増えてやれ!」と
もう誰の迷惑も考えず正常な細胞の栄養を
横取りしながら
際限なく増殖をする。
この勝手な細胞たちが集まった塊が「がん」。

「抗がん剤」
がん細胞と結合し、成長・増殖を阻害したり死滅させる薬。
がん細胞は分裂スピードが早いという特徴を目印に攻撃するので、
正常細胞でも分裂スピードが早いものは区別されずに
一緒に攻撃されて傷ついてしまうことがある。
これがいわゆる【副作用】で、例えば脱毛など。

「病期・ステージ」
「しこりの大きさ」「リンパ節への転移の有無」
「他臓器への転移の有無」で病気の進行度を示す。
【第6話 診断確定】で記載されている『T2N1M0』は
国際対がん連合が採用している【TNM分類】と呼ばれるもの。
28部位ごとに示されている。

乳がんのTNM分類

「サブタイプ」
病理検査で調べるがんの特徴、性質。
この特徴によって化学療法が異なるので
ステージとともにチェックすること。
例えば【第7話 治療計画】で出てきたO野の
「ルミナルB型HER2陽性」は抗がん剤、分子標的療法、ホルモン療法を
併用するが、「ルミナルA型」ではホルモン療法が有効とされている。

サブタイプ

「セカンド・オピニオン」
診断や治療方針について主治医以外の医師に
他の治療法はないか意見を聞くこと。
医者を変える「転医」ではないので、
主治医と同じ意見でも、別の意見が出ても、
基本的に主治医にその情報を伝え
自分がどちらの治療法で行いたいか主治医と相談して
主治医のもとで治療する。
セカンド・オピニオンを希望すれば、最初に検査してもらった病院が
それまでの検査資料を貸し出してくれる。
セカンド・オピニオンを嫌がる医師もいるらしいが
その医師の対応を見てどう判断するかは患者次第。
最初の病院の検査結果が出るまでに、そこそこ時間がかかるのと
自分の病気について何も知らずにセカンド・オピニオンを受けても、
ファーストにしろセカンドにしろ、医師の説明が理解できるだろうか。
私は6年ほど、うつ病の治療をしていたが、
この時は全く自分の病気について勉強もせず、
いわゆる「青い鳥症候群」とか「ドクターショッピング」状態で
自分に都合の良い先生をふらふらと渡り歩いてしまった。
結果、完治までにかなりの時間を要してしまった、との後悔がある。
なので検査結果を待つ間に
セカンドオピニンを受ける病院の見当をつけて、
患者なりに勉強しておいたほうが
絶対に良いと思う。
セカンド・オピニオンは保険適用外。

「限度額適用認定証」
健康保険加入者には、病気や怪我など医療費の負担が大きくなった時に
収入に応じた医療費の払い戻しが受けられる
「高額療養費制度」がある。
ただし、申請する必要があることと、後払いのため立て替えている期間は
お財布が厳しい。
この「限度額適用認定証」を事前に入手して病院の窓口に提示すれば、
請求される医療費は高額療養費制度の自己負担限度額までとなる。

高額療養費自己負担限度額 70歳未満の場合(2015年1月~)

区分ア~ウに記載されている数字や、「総医療費」って何?って
私の疑問に答えてくれたのが下記サイト。すごく分かりやすい説明です!
医療費のことわかりやすく教えるよ。
元医療事務女子が医療費のことをわかりやすく解説します!>

「フローズングローブ」(第13話)
手足に抗がん剤がまわると、爪が変色したりひび割れたりするので、
あえて手足を冷やし血行をおさえて薬が爪へ行き届かないようにする。
病院によって用意があるところとないところがある。

「クライオセラピー」
上記と同じ理由で口内炎予防のため投薬中、氷を口に含むこと。

2+